1週間ぐらい前に、あるところで自己紹介を記入する必要があったんですが、改めて考えると、私ってあまり特徴とか人に語るべきことが無い。背が大きい事…はここ10年ぐらいでそれほど珍しくなくなったし。

その時の入力項目はこんな感じでした(全部ではない)。

趣味

ザ・無難な「音楽・読書・映画」。
と、とりあえず書いてはいるものの、私の場合音楽は洋楽、映画も洋画、読書はまあいろいろ読むかな、と注意書きにすべき事が色々多くて、誰しもこの3つには色々隠された但し書きがあるはずだ…! と思っています。
でも「私は普通の人間ですよ」ってアピールするのには良い方法ではないかと思って、あまり変わったことを書かないようにしています。

その時の気分によって「料理」を入れたり入れなかったりしてるんだけど、これは料理教室に6年通ってるのに家ではあまり料理をしなくて、少々後ろめたい気持ちがあるからです。

特技

この質問、いつも回答に困るんだけど「空港の保安検査を高速で通過することと書いてます。他に思いつかないし。
私ができることで他の人ができないor苦手な事って全く思い浮かばないので、「なんか変だな」と思いつつこの記述はしばらく変更されていません。
こういう場合に「料理」って書けばいいのかな? でも人に食べてもらうような腕前じゃないしなぁ。悩む。

実は私、こう見えて○○なんです

とりあえず意外性がありそうなので「英検準一級を過去に取得」としています。でもこれ、受かってからけっこう年数経ってるんだよなぁ…。今同じ試験を受けたらたぶん落ちると思う。
あとは無免許。車の免許を取らないままこの年齢になってしまったけど、今は視力が悪すぎてチャンレジできないので、死ぬまで無免許で行くことになりそうです。

自己紹介なー。
どこにでもいるような人間だから特筆すべきことがない! みんなどうやって乗り切ってるんだろう?