person holding silver iPhone 6 taking photo of city buildings

Y!Mobileに乗り換えました

8月にずっと使っていたiPhone8の分割払いが終わったので、そのタイミングでソフトバンクからYモバイルにMNPで乗り換えました。

ソフトバンクは高い

最近は仕事のために外出することも少なくなり、データ定額(5GB)で大体5,000円、通話定額?のプランで1,700円ぐらい払っていたので、端末代金を除いても7,000円近い出費が何年も続いていたのです。

通話品質は問題ないし、無理に乗り換えなくてもいいかなぁとノンビリしたことを考えていたのですが、コロナのせいで仕事も減り、これは少しでも出ていくお金を減らさないといけない! と思い立ち月々の電話代を比較してみると、乗り換えた場合1ヶ月あたり4,000円ぐらい出費を減らせそう。しかも手続きはすべてオンラインで完了できる。
ということで、ソフトバンクの更新期限ギリギリの9月第2週に乗り換え作業をやりました。

実際の乗り換え作業

MNPの手順についてはいろんなブログとかで解説されている通りなんですが、私が手続きをしていて気になったところを書いておきます。

1. オンラインで申し込み

身分証明証ですが、私は運転免許証とパスポートの両方を持っていないので、住民票の写し+保険証で申し込みました(結果大丈夫でした)

2. SIMカードが送られてきた後

オンラインで申し込みをすると、Yモバイルから「審査を開始します」ってメールが届くんですが、その結果を知らせる連絡がないのにSIMカードが届くのでちょっと困りました。
6日間ぐらい放っておくと自動で切り替わるらしいんですが、5日目ぐらいに待ってられなくて自分で切り替え手続き(決まった番号に電話をかける)をして、10分後ぐらいに開通しました。

3. キャリアメール(Y!Mobimeメール)の設定

パスワードの入力でだいぶ苦戦しました。
My Y!MobileのログインパスワードはSMSで通知されるのですが、Y!Mobimeメール(iPhoneだとメールアプリで見る方)のパスワードは、Yahoo Japanのログインパスワードです
さらに、Yahoo Japanのログインを2段階認証にしている場合は、先に設定を変更する必要があります

Y!のトップページから、登録情報→ログインとセキュリティ→詳細を開いて、「確認コードでログイン(SMS)」の設定画面を開き「SMS認証でログイン」を「設定しない」にしておきます。

※もしかしたら、メール認証を使っている場合も同じ手順が必要なのかも…

Y!Mobileメールの送受信が確認できたらこの設定はもとに戻して大丈夫です。私の場合は最初のうち何度かエラーが出ていたのですが、半日ぐらい経過したらなくなったので、そのタイミングで戻しました。

このパスワードの件はYモバイルのヘルプにも書いておらず、かなり探しました。結果、ユーザーフォーラムみたいなところで答えを発見できたから良かったけど、自分で解決できなかったら大変だったわ。

格安スマホに乗り換えてみて

今のところ札幌市内で使用しているのみなので、つながりにくいとか音声品質が気になるということは全くないです。
今は10GBのプランにしているので、移動中にYouTubeを気軽に見たりできて楽しい。もっと早く乗り換えればよかった。
iPhone8は気に入ってるのでもう少し使います。

2021年の手帳はこれ

予定よりだいぶ早くなったけど、先日2021年用の手帳を購入しました。

オンラインMARK’Sの商品ページ

手帳はしばらく(たぶん10年ぐらい)ほぼ日手帳を使っていたのですが、大して書くこともないわりにはけっこういいお値段で勿体ないし、毎年の購入手続きやカバーなどの確認が面倒くさい…と感じておりました。
ところが2年ぐらい前にたまたまLOFTで見つけたEDITの手帳を購入して使ってみたところ、記入欄も過不足なく価格も納得できる範囲だったので、それ以来EDIT手帳を愛用しております。

乗り換え理由など改めて考えてみたのですが、

ほぼ日

✕1日1ページ以外にウイークリーページがあるけど、これをほとんど使わないので無駄になっている
✕レギュラーは小さい、カズンは大きすぎ
✕高い
✕売ってるところが少ない
○カバーの種類が豊富

EDIT

○1日1ページと月カレンダーだけがある
○B6変形がちょうどいい大きさ
○紙にちょっと厚みがあって書きやすい
✕カバーの種類が少ない

こんな感じかな。こうやって書いてみると、惰性でほぼ日使ってたってわかるね…。

今年もEDIT買おうか、それとも卒手帳しようか(実際はスケジュールに関しては全てGoogleカレンダーで管理しているので)と考えてたんだけど、オサムのカバーだから仕方ない。買うでしょ、これは。
あー早く届かないかな。

monitor showing Java programming

WordPressの管理画面で「リンク」を使おうとしたらなくなってた

今日、見積もりするのに必要でWordPressの管理画面をしばらく眺めていたんですが、「リンク」っていつの間にか管理画面から消えてるのね。
昔は使わないから都度functions.phpに無効化するコードを書いたりしてたんですが、今はしなくて良いのか…というかリンクはどこにいったんだ。

と思って調べてみたところ、

Version 3.5から、リンクマネージャーおよびブログロールは新規インストールでは非表示になりました。旧バージョンからのアップグレードであっても、リンクが存在しない場合は非表示となります。強制的にリンクマネージャー画面を表示したい場合は Links Manager プラグインをインストールしてください。

管理画面 – WordPress Codex 日本語版

とのことでした。そ、そうだったのか…。
で、書いてあるとおりにLinks Managerプラグインを入れてみようとしたら、プラグインのページに”This plugin hasn’t been tested with the latest 3 major releases of WordPress.”と書いてあったのでやめました。

でもリンクリストを表示する必要があるからどうしようかなと考えて、仕方ないのでリンク一覧を掲載した固定ページの中身を出力することにしました。
後から編集できるし、問題ないでしょ。

持続化給付金が支給されました

私は個人事業主なのですが、他の皆様と同様新型コロナウイルスによる経済活動停滞の影響をモロに受けております。そして、このウイルスの収束の気配がないので、いつになったら受注状況が元通りになるのか見当もつきません。2020年は大幅な減収になりそうです。

上半期の収入を整理してみたところ、2月の売上が前年の2月と比べて大幅に少なかったので、2月を基準月(っていう呼称で合ってるのかな?)にして申請してみました。

必要書類ですが、私は運転免許を持っていないので、

  • 住民票の写し+健康保険証
  • 確定申告書類(確定申告書第一表と青色申告決算書)
  • 2020年の対象とする月の売上台帳(私の場合は2月分)
  • 通帳のコピー

を提出しました。
確定申告書第一表の控えには収受日付印が押されている必要がありますが、私は毎年税務署窓口に持参しているのでこれは問題ありませんでした。また、通帳ですが、持続化給付金として入金されたお金は雑収入として計上するらしいので、事業用で使用している口座のものが必要です。

持続化給付金のホームページには「2週間ぐらいで入金されます」とデカデカと書かれていますが、実際のスケジュールは、

  • 6/15 申請
  • 6/26頃 着金

こんな感じでした。
書類に不備があったり特例を適用していると給付金のマイページに赤い枠で注意書きやお知らせが出るらしいのですが、それも全く無く、申請した時の「受け付けました」というメールが届いたのみでした。
(もしかしたらこの後給付のお知らせのハガキなどが届くかもしれない)

お金もらえたのは嬉しいし、生活のメドがついてホッとしたけど、このお金は課税対象なので設備投資でもしようかなと思います。

【本】小さなチーム、大きな仕事 働き方の新しいスタンダード

この本のことは前から知っていたけど読んだことがなくて、Kindle本のセールで値下げしていたタイミングで購入しました。

この本の主題はいかにしてシンプル、迅速、臨機応変に仕事を進めていくかということ。大げさな広告や過剰な性能がなくても良い。必要なら一度決めたことを変更する必要があるかもしれない、などなど…
旧来の働き方とは正反対の、新しいワークスタイルについての本です。

私自身もずっと小さなチームどころか一人で仕事をしていて、時々はクライアントとチームを組んで作業したりアイデアを出し合ったりすることもある環境で、ここに書かれていることは大いに参考になりました。

特に「世界にささやかに貢献する」という章は、過去に自分の仕事が喜ばれた時にすごく達成感を感じたことを思い出して、これは確かに必要な体験だなと再確認できました。こういうのが仕事のやりがいになるんだろうなぁ。残念ながら私にはその経験が少なすぎるのだけど…。

それから「まずは作り始めよう」の章。
とにかく手を動かさなければ始まらない。話はそれからだ。

いつも「こういうことを試してみたらいいかな」と考えた30分後には「珍しい事じゃないし、これを面白いと思う人はいないだろう」とやる気を失ってしまうので、まずはこの本にある通り、毎日少しずつの時間を使って自分が欲しいものを作ってみよう。